「思考察知型の DNS セキュリティ」の分析が、APT 攻撃の早期警戒を発する~予知能力の技術でタイプミスの恐怖を予言(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

「思考察知型の DNS セキュリティ」の分析が、APT 攻撃の早期警戒を発する~予知能力の技術でタイプミスの恐怖を予言(The Register)

国際 TheRegister

DNS データへの予測アルゴリズムの適用によって、マルウェアのサイトを(それが悪さをする前に)検出できるようになるかもしれない。

セキュリティ企業の OpenDNS は、同社のブログが説明しているように、「NLPRank」と呼ばれるプロトタイプツールを利用して、悪質なドメインを自動的に識別するため、自然言語処理のアイデアを適用している。

「この自然言語処理(NLP)を適用した予測モデルは、『悪質なタイポスクワッティング、あるいは標的型フィッシング用のドメイン』の可能性があるドメインを識別するものだ…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×