「思考察知型の DNS セキュリティ」の分析が、APT 攻撃の早期警戒を発する~予知能力の技術でタイプミスの恐怖を予言(The Register) | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

「思考察知型の DNS セキュリティ」の分析が、APT 攻撃の早期警戒を発する~予知能力の技術でタイプミスの恐怖を予言(The Register)

彼らが何かしらの悪事を働くために「真っ当なドメイン」を模していることは明らかだ。OpenDNS の研究は、インターネットに登録されている無数のサイトから、そのようなドメインを自動的に識別する手法を示している。

国際 TheRegister
DNS データへの予測アルゴリズムの適用によって、マルウェアのサイトを(それが悪さをする前に)検出できるようになるかもしれない。

セキュリティ企業の OpenDNS は、同社のブログが説明しているように、「NLPRank」と呼ばれるプロトタイプツールを利用して、悪質なドメインを自動的に識別するため、自然言語処理のアイデアを適用している。

「この自然言語処理(NLP)を適用した予測モデルは、『悪質なタイポスクワッティング、あるいは標的型フィッシング用のドメイン』の可能性があるドメインを識別するものだ…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×