10 億のメールアドレスによるスパム詐欺:連邦は 2 人を逮捕、1 人を追跡中~「米国の過去最大のサーバージャック」と検察官は主張(The Register) | ScanNetSecurity
2019.10.18(金)

10 億のメールアドレスによるスパム詐欺:連邦は 2 人を逮捕、1 人を追跡中~「米国の過去最大のサーバージャック」と検察官は主張(The Register)

そのハッカーたちは、企業の重要データを盗んだ後も、バルクメールを送信するために、その企業独自の配信プラットフォームを乗っ取り、メールトラフィックを特定のウェブサイトへ向けることによって利益を得ていた。

国際 TheRegister
米国司法省(DoJ)が「米国史上、最も大規模なコンピュータセキュリティ違反」と同省が呼ぶ事件に光を投じた――「メールホスティング企業をハッキングし、そこからメールアドレスを盗んだのち、スパム作戦を実行するため、その企業のデータセンターを利用した罪」で、3 人の男が起訴された事件だ。

「その男たち――ベトナム、オランダ、そしてカナダから活動していた――は、インターネット史上最大の、氏名とメールアドレスのデータ侵害を実行したとして訴えられている」と、司法次官補の Caldwell は語った

「伝えられるところによると、被告たちはメールサービスプロバイダから 10 億件以上のメールアドレスを盗んだことにより、数百万ドルを稼いだ。この事件は『米司法省が、海外のサイバーハッカーを米国の正義と向き合わせるために告訴する』という決断が、再び示されたものだ」
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×