セキュリティの恐怖の中、ICANN はドットワードのポータルをオフラインに~gTLD を巡って争う企業は、互いのプライベートを覗きあっているかもしれない(The Register) | ScanNetSecurity
2020.11.30(月)

セキュリティの恐怖の中、ICANN はドットワードのポータルをオフラインに~gTLD を巡って争う企業は、互いのプライベートを覗きあっているかもしれない(The Register)

ICANN が多くのシステムにおいて、基礎的な 2 要素認証さえも適用していなかったということが、このインシデントによって明らかとなった。Verisign は、長い論文の中で「ICANN の技術的な能力には懸念がある」と警告していた。

国際 TheRegister
グローバルドメインネームの大君主である ICANN が、そのシステム内に、新たなセキュリティホールを発見した。

今回のセキュリティホールでは、新たなドットワードドメインを巡って争っている各企業の機密データが、ICANN の包括的なポータルにログインしたライバルたちによってスヌーピングされていた可能性がある――それは商業的な機微情報や、インターネットの拡大に関する技術的な詳細情報が危険に晒されていた、ということを意味している。その後、同組織(ICANN)は、脆弱なウェブアプリをオフラインにした。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×