企業のセキュリティポリシーをクラウドサービスに適用(モバイルアイアン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

企業のセキュリティポリシーをクラウドサービスに適用(モバイルアイアン)

モバイルアイアンは、パーソナルクラウドのセキュアな業務利用を実現する新製品「MobileIron Content Security Service(CSS)」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
モバイルアイアン・ジャパン(モバイルアイアン)は2月18日、パーソナルクラウドのセキュアな業務利用を実現する新製品「MobileIron Content Security Service(CSS)」を発表した。2月25日より提供を開始する予定。同社のアジア太平洋・日本担当セールスVPである柳下幹生氏によると、同社は2014年に45%の成長を記録し、日本ではそれ以上の成長を遂げている。特にハイエンドEMMにおいて高いマーケットシェアを持つ。そこにおいて現在、これまで社内のみにあったリソースがクラウドサービスに拡大し、またエンドユーザは使用するデバイスが拡大している。

新たに登場するWindows 10ではアーキテクチャがモバイルのものとなり、従来のディスクイメージでなくモバイルOS的にアップデートが行われていく。この運用も、企業にとっては大きな変化になると柳下氏は指摘した。同社の新製品CSSは、企業のセキュリティポリシーをパブリッククラウドサービスにも適用できるというもの。その特徴として、「データの暗号化」「ドキュメントベースのDLP」「鍵管理の効率化によるセキュアな共有」「ドキュメントのトレース」「EMMとの統合」の5つを挙げた。

デバイスにエージェントを入れ、同社のMCM製品である「Docs@Work」アプリを経由することで、クラウドサービス上での安全なファイル運用を実現した。CSSから詳細なポリシーを複数設定でき、EMMとも連携できる。たとえばドキュメントの閲覧とダウンロード、保存したファイルを別のクラウドサービスにアップするような「Openedin」まで規制でき、設定した時間での自動消去もできる。ファイルの操作履歴の閲覧も可能だ。今回の「暗号化」「DLP」「可視化」はパーソナルクラウドをセキュアに活用するための第二段階としており、将来第三段階としてエコシステムの活用を予定しているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×