4割のユーザが6個以上のパスワードを管理、使い回しは8割--利用実態調査(ディー・ディー・エスPR事務局) | ScanNetSecurity
2020.10.27(火)

4割のユーザが6個以上のパスワードを管理、使い回しは8割--利用実態調査(ディー・ディー・エスPR事務局)

ディー・ディー・エスPR事務局は、パスワードに関するインターネット調査の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ディー・ディー・エスPR事務局は2月9日、パスワードに関するインターネット調査の結果を発表した。本調査は2月2日から3日にかけて、全国20~50歳の男女400名を対象にインターネット調査により実施したもの。調査結果によると、自分自身のID・パスワードがわからなくなった“パスワード難民”の経験者は93.9%に上った。また、現在のパスワード管理の実態では、60.2%がパスワードを記憶しており、約40%が6個以上のパスワードを管理していた。

ID・パスワードのログインや管理に「疲れた」と感じたことのある回答者は73.8%であり、そう感じるときは「IDやパスワードを思い出せなくて必要なサービスにアクセスできないとき」(82.2%)、「IDやパスワードを設定する際に、さまざまな条件を提示されるとき(桁数や文字の種類など)」(56.6%)が回答の多くを占めた。また、79.9%が「IDやパスワードを複数のサイトやアプリで使い回している」と答え、5.8%が「SNSなどのサイトでアカウントを乗っ取られた経験がある」ことも明らかになっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×