[速報] SECCON 2014、韓国チーム TOEFL Beginner が優勝 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

[速報] SECCON 2014、韓国チーム TOEFL Beginner が優勝

今回は、米国、ロシア、ポーランドの強豪チーム、中国、台湾、韓国からも参加があり、そのうち米国の「PPP」はDEF CON CTFで2年連続の優勝を果たしているチームであり、ポーランドの「Dragon Sector」は世界CTFランキングで1位のチームだ。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
2月8日、東京電機大学において「SECCON CTF 2014決勝戦」の優勝チームが発表された。今回優勝したのは韓国から参加した「TOEFL Beginner」だ。

SECCONは、国内でも定着しつつあるCTFによるハッキングコンテストのひとつだ。SECCON CTF 2014の決勝戦は、58か国、総勢4,186名の参加者の中から各地の地区予選を勝ち抜いてきた24チーム90名によって行われた。決勝戦の競技は2月7日、8日の2日間で行われ、各チームが、主催者の用意した環境でサーバーへの侵入、ハッキング、防御によって与えられるポイントを競った。

このようなCTF競技は、ハッキング技術を競うものだが、セキュリティ技術者の育成、スキルアップ、情報交換などを目的に世界中でさまざまな大会が開催されている。アメリカ ラスベガスで開催される「DEF CON CTF」は20年以上の歴史を持つ有名な大会だ。SECCON CTFも日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が主催し、大手通信事業者やITベンダー、セキュリティベンダーなどが協賛している。また、総務省、経済産業省、警察庁など官公庁も後援者に名を連ねている。

今回は、米国、ロシア、ポーランドの強豪チーム、中国、台湾、韓国からも参加があり、そのうち米国の「PPP」はDEF CON CTFで2年連続の優勝を果たしているチームであり、ポーランドの「Dragon Sector」は世界CTFランキングで1位のチームだ。昨年は日本のチームが優勝しているが、今年は海外トップクラスのチームの参加もあり、混戦が予想されていた。優勝した韓国チームは、初日に防御ポイントを稼ぎ、攻撃ポイントも安定して積み重ね、並み居る強豪に打ち勝った。

また、併設されるカンファレンスでは各界の専門家や関連のセッションや発表を行い、情報通信機構(NICT)は、大会用にカスタマイズした「NIRVANA改」を持ち込み、競技の攻撃トラフィックをリアルタイムで可視化していた。
《中尾 真二》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×