セキュリティ専門家「ゴースト(GHOST)なんて怖くないさ」~それは深刻だが、少なくとも Heartbleed とは違う(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

セキュリティ専門家「ゴースト(GHOST)なんて怖くないさ」~それは深刻だが、少なくとも Heartbleed とは違う(The Register)

GHOSTがHeartbleedのような広がりを見せることはないだろう。しかしそれは、多くの企業のIT運営チームが、いますぐ全てのインスタンスを調べ、一刻も早くパッチを当てられるよう努めるのに充分となるほど深刻である。

国際 TheRegister
セキュリティの専門家たちによると、「Linux システムに影響を与える」として注目を浴びている最新のセキュリティの脆弱性は深刻ではあるものの、その悪質さに関して言えば、悪名高き脆弱性「Heartbleed」の足下にも及ばないという。

この「GHOST」と呼ばれる欠陥は、ハッカーたちがマルウェアを植え付けるため、あるいは Linux ベースのシステムの制御を狙うために利用できる可能性がある。

クラウド・セキュリティ企業「Qualys」のセキュリティ研究家たちは、Linux に――はっきりしているところでは「GNU C Library(glib)」に――存在する深刻な脆弱性を発見した。この脆弱性――GHOST のニックネームで呼ばれている――は、攻撃者が管理者権限のパスワードやクレデンシャルを使うことなく、脆弱なシステムを遠隔操作でハッキングできるようにするものだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×