データロスとダウンタイムによる損失、日本の企業では約2億1,900万円に(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

データロスとダウンタイムによる損失、日本の企業では約2億1,900万円に(EMCジャパン)

EMCジャパンは、世界のデータ保護に関する調査「EMC Global Data Protection Index」の最新の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
EMCジャパン株式会社は1月23日、世界のデータ保護に関する調査「EMC Global Data Protection Index」の最新の結果を発表した。調査結果によると、過去1年間で国内企業における1社あたりのデータロスとダウンタイムにより生じた損失が、約2億1,900万円に上ることが明らかになった。2012年以降、世界のデータロスは400%の割合で増加しているが、国内の企業・組織の91%(全世界:71%)が、いまだに問題発生後の復旧に自信がないと回答しているという。

また、ビッグデータ、モバイル、ハイブリッドクラウドといった新しいテクノロジーへの災害復旧プランがない企業は全体の約3分の2(66%)で、これらのテクノロジーのプランを確立している企業は、わずか6%であった。データ保護の「Leaders(先進的)」にランクされる企業は3%のみで、5%が「Adopters(導入済み)」、残る92%は下位2つのカテゴリにランクされている。3社以上のベンダからデータ保護ソリューションを導入している企業におけるデータロスは、単一ベンダのみを利用している企業の27倍であることも判明している。なお、2014年の国内企業における平均データロスは4.62TB(2012年は624GB)であった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×