ブックレビュー Brian Krebs著「Spam Nation」 (3) 摘発と抗争の激化 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

ブックレビュー Brian Krebs著「Spam Nation」 (3) 摘発と抗争の激化

クレブス氏は、輝かしい成果とは裏腹に、ワシントンポスト紙内部での立場は微妙だった。氏の記事の多くは取材に基づいており、その情報源は明らかにすることはできない。編集部は、名指しされたロシア企業から告訴される危険を指摘し、掲載に難色を示すようになった。

調査・レポート・白書 ブックレビュー
アンダーグラウンドビジネスがピークを迎えた時期は、同時にその衰退が始まった時期でもあった。レジストラ(EstDomainなど不正サイトのドメインを登録するビジネス)、ホスティング(RBN、Atrivo、3FNなど不正サイトをホスティングするビジネス)、決済システム(ChronoPay、Assistなどクレジット決済ビジネス)、マーケティング(スパム配信会社SpamIt、Rx-PromotionおよびGrum、Rustock、Cutwailなどのbotマスター)のそれぞれに対して民間企業や当局の締め付けが始まった…

※本記事はScan有料版に全文を掲載しました

評者プロフィール
作家。2010年、長編サイバーセキュリティミステリ 「檻の中の少女」 で島田荘司選 第3回 ばらのまち福山 ミステリー文学新人賞を受賞。現実に起こりうるリアルなコンピュータ犯罪と、ミステリを融合させる手腕に卓越。新作「天才ハッカー安部響子と五分間の相棒」は集英社文庫から1月20日発売予定。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×