情報セキュリティ対策を体系化、市区町村向けに番号制度対応を支援(TKC) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

情報セキュリティ対策を体系化、市区町村向けに番号制度対応を支援(TKC)

TKCは、市区町村向けに番号制度対応を支援する情報セキュリティ対策ソリューションの提供を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社TKCは1月13日、市区町村向けに番号制度対応を支援する情報セキュリティ対策ソリューションの提供を開始すると発表した。これは、番号制度のスタートにあたり個人番号(マイナンバー)の漏えいや滅失、毀損の防止をはじめ、市区町村に求められる「個人番号を適切に管理するために必要な措置(安全管理措置)」として欠かせない情報セキュリティ対策を総合的に支援するもの。

具体的には、安全管理措置として求められる「制度」「技術」「体制整備」の3つの側面に対応し、「情報セキュリティポリシー見直し・定着」「パソコンの不正操作対策」「外部への持ち出し(記憶媒体)対策」「不正侵入(なりすましや不正アクセス、ネットワークへの不正接続防止)対策」「情報漏えい(紙媒体の紛失・盗難)対策」の5つの分野を設定。市区町村個々の実状に合わせて、これらを組み合わせた支援サービスを提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×