スマートフォンアプリのSNS利用、LINE、Facebookが50%を超える(MMD研究所) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

スマートフォンアプリのSNS利用、LINE、Facebookが50%を超える(MMD研究所)

 MMD研究所は22日、「2014年スマートフォンアプリ/コンテンツに関する調査」の結果を発表した。調査期間は12月11日~13日で、スマートフォンを所有している20歳以上の男女562人から回答を得た。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 MMD研究所は22日、「2014年スマートフォンアプリ/コンテンツに関する調査」の結果を発表した。調査期間は12月11日~13日で、スマートフォンを所有している20歳以上の男女562人から回答を得た。

 まず「スマートフォンとの接触時間」を聞いたところ、「10分未満(8.2%)」「10分~30分未満(18.5%)」「30分~1時間未満(23.1%)」を合計すると、1日のうち1時間未満スマートフォンに接触している人が49.8%と、ほぼ半数。最も多かったのは「1時間~2時間未満」で24.7%だった。

 「SNS/コミュニケーションサービスの利用」については、「現在利用している」という回答が最も多かったサービスが「LINE(59.6%)」、続いて「Facebook(52.0%)」といずれも過半数となり、「Twitter」は39.3%だった。この3サービスを年代別で見ると、「LINE」の利用は30代が最も多く68.1%、次に20代が67.9%。「Facebook」は20代が最も多く61.6%、次が40代で53.1%。「Twitter」も20代が最も多く62.5%、次いで30代が43.4%だった。なお3サービス以外で20代の利用が最も多かったのは「Instagram」で28.6%だった。

 また「ニュースキュレーションアプリの利用」では、「Yahoo!ニュース」が36.5%と最も多く、次いで「SmartNews」16.5%、「LINE NEWS」15.5%という順となった。

スマホSNSアプリ、「Twitter」と「Facebook」に20代の支持集まる

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×