「Active Directory」管理者アカウントを不正使用する攻撃を多数確認(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

「Active Directory」管理者アカウントを不正使用する攻撃を多数確認(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「Active Directory」におけるドメイン管理者アカウントの不正使用に関して注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月19日、「Active Directory」におけるドメイン管理者アカウントの不正使用に関して注意喚起を発表した。JPCERT/CCでは、国内組織の内部ネットワークに侵入し、長期間にわたって潜伏、情報窃取などを行う標的型攻撃を複数確認している。それらの攻撃の特徴として、内部に侵入した攻撃者がActive Directoryのドメイン管理者アカウント(管理者アカウント)の認証情報を窃取し、当該管理者アカウントを不正に使用して、組織内部のネットワークにおいて横断的な攻撃活動を行うことが挙げられるとしている。

現在、確認している事例では、このような組織内部に侵入した攻撃者による管理者アカウントの不正使用は、ログの定期的な確認により検知可能なものが多数であったという。JPCERT/CCでは、管理者アカウントの不正使用を検知するために、ログイン状況や接続先、接続元端末、使用している時間帯、操作内容などをログにより確認するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×