(2014年12月18日) 十勝岳の噴火警戒レベルを2へ引き上げ、今後小規模な噴火が発生する可能性も(気象庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

(2014年12月18日) 十勝岳の噴火警戒レベルを2へ引き上げ、今後小規模な噴火が発生する可能性も(気象庁)

脆弱性と脅威 脅威動向

 気象庁は16日14時、北海道の中央部に位置し、美瑛町・上富良野町・新得町にまたがる十勝岳の火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)へ引き上げた。

 十勝岳が噴火警戒レベルが2に引き上げられたのは、平成20年12月16日の噴火警戒レベルの運用開始以来初めてのことだという。

 気象庁の発表によると、十勝岳は火山活動が徐々に高まっており、今後小規模な噴火が発生する可能性があるとのこと。また噴火に伴って飛散する大きな噴石にも警戒を促しており、「62-2火口」から1kmの範囲について近づかないことを勧めている。

北海道・十勝岳、噴火警戒レベル2に引き上げ

《編集部@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×