GCHQ の研究者たちは、自身の開発した暗号プリミティブを量子コンピュータ攻撃で撃破する~Soliloquy は独り言を呟くだけ(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

GCHQ の研究者たちは、自身の開発した暗号プリミティブを量子コンピュータ攻撃で撃破する~Soliloquy は独り言を呟くだけ(The Register)

量子(攻撃)に対抗する暗号の設計は、困難な作業である。プロトコルの完全なセキュリティアセスメントの提供は、「非常に多くのケアと忍耐が必要になることを、我々は警告する」と彼らは記している。

国際 TheRegister
「量子コンピュータを利用した暗号解読」は、現時点では未来的なシナリオだが、すでに暗号研究者たちは、その未来を真剣に考えている。

今年 10 月、GCHQ の情報セキュリティ部門 CESG がセキュリティプリミティブの取り組みを放棄したことは、Vulture South(編集部註:The Register のオーストラリア拠点)にとって驚くべきことだ。それが放棄されたのは、そのプリミティブに対する量子攻撃を彼らが発見したためだった。

ETSI(編集部註:欧州電気通信標準化機構)に提供された論文と、その完全版の論文には、CESG が「Soliloquy」と呼んでいたプリミティブの、誕生と終わりが概説されている。(編集部註:Soliloquy…直訳すると「独り言」)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×