Adobe ReaderとAcrobatのセキュリティアップデートを公開(アドビ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

Adobe ReaderとAcrobatのセキュリティアップデートを公開(アドビ)

アドビは、「Adobe Reader」および「Acrobat」のセキュリティアップデート(APSB14-29)を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
米Adobe Systems(アドビ)は12月9日(米国時間)、「Adobe Reader」および「Acrobat」のセキュリティアップデート(APSB14-28)を発表した。対象となるのは、Windows版およびMacintosh版の「Adobe Reader XI 11.0.09およびそれ以前」「Adobe Reader X 10.1.12およびそれ以前」および「Adobe Acrobat XI 11.0.09およびそれ以前」「Adobe Acrobat X 10.1.12およびそれ以前」。

これらのバージョンには、解放後使用やヒープオーバーフロー、整数オーバーフロー、メモリ破損などが原因で、コード実行やファイルシステムへの任意の書き込み、情報漏えいなどの脆弱性が存在する。アドビによる優先度の評価は「1」となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×