ネットワークOS「Cumulus Linux」をホワイトボックススイッチに搭載(ネットワールド) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

ネットワークOS「Cumulus Linux」をホワイトボックススイッチに搭載(ネットワールド)

ネットワールドは、米Cumulus Networks社とディストリビュータ契約を締結し、同社が開発・提供するネットワークOS「Cumulus Linux」を販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ネットワールドは12月8日、米Cumulus Networks社とディストリビュータ契約を締結し、同社が開発・提供するネットワークOS「Cumulus Linux」を同日より販売開始すると発表した。同製品は、汎用スイッチチップを搭載するホワイトボックススイッチで動作するLinux OS。ネットワーク機器のハードウェアとソフトウェアの分離をもたらすことでさまざまな革新をもたらすとしている。また、Linuxのスキルセットで扱えることから、コンピューティングリソースとネットワークを共通の機能やスキルで管理・運用することが可能となる。

同製品により、Linuxサーバと同様にスイッチを管理可能にするほか、アプリケーションとサービスの向上やコスト削減にも有効としている。ネットワールドは、7月に販売を開始した台湾のQuanta Cloud Technology社のホワイトボックススイッチに搭載し、今後改めてスイッチとCumulus OS両方の自営保守サポートを提供する。また、ネットワールドはVMware認定ディストリビュータであるため、「VMware NSX」と「Cumulus Linux」を連携するシステムの総合的な技術支援を提供し、Software-Defined Data Centerの普及を加速するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×