セキュリティ業界が沈黙を守ってきた桁外れのスパイウェア、Regin ~NSA は、そのマルウェアに関与しているのか(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

セキュリティ業界が沈黙を守ってきた桁外れのスパイウェア、Regin ~NSA は、そのマルウェアに関与しているのか(The Register)

毎年毎年、何十万ものマルウェアが発見される中で、些細な発見はそれほど多くの注目を集めることがない。まさに、それこそが「国に支援された攻撃者」の求める結果だろう。

国際 TheRegister
洗練された情報収集スパイウェア Regin の「公開解剖」が現在、コンピュータセキュリティ業界に波紋を広げている。

しかし、誰も答えを出していない疑問がここにある。このスーパーマルウェアが初めて現れたのが 2008 年であるなら、なぜこれまでアンチウィルス業界の誰もが、それについて口を閉ざしてきたのか? 彼らは本当に、そのリバースエンジニアリングに何年も費やしてきたのか?

Symantec は日曜日(編集部註:2014 年 11 月 24 日)、マルウェア Regin の詳細な分析結果を発表した。どうやらそれは前例のない、最も高度なスパイウェアコードの一つであるようだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×