中堅企業向けに高パフォーマンスのNGFW・UTMアプライアンス新製品(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

中堅企業向けに高パフォーマンスのNGFW・UTMアプライアンス新製品(ウォッチガード)

ウォッチガードは、中堅企業、および分散拠点を持つ企業向けに開発されたNGFW・UTMアプライアンスの新製品、「WatchGuard Firebox M400 / M500」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は12月4日、中堅企業、および分散拠点を持つ企業向けに開発された次世代ファイアウォール(NGFW)・統合脅威管理(UTM)アプライアンスの新製品、「WatchGuard Firebox M400 / M500」を発表した。同製品は、企業が必要とするネットワーク帯域幅の急増、高速ネットワーク接続への要求、トラフィックの暗号化といったネットワークセキュリティの課題に対応し、安全なネットワークの構築を支援するもの。

両製品は、最新のIntel PentiumとCeleronプロセッサを実装し、すべてのセキュリティ機能を有効にした場合のパフォーマンスにおいて、他社ソリューションと比較して最大61%高速なスループットを実証したという。また、HTTPSでの暗号化されたトラフィックの検知スループットにおいても最大149%のパフォーマンス向上を達成、ネットワークのパフォーマンスを損ねることなく、強固なセキュリティ対策を実現することが可能になるとしている。価格はオープンプライスで、参考価格はFirebox M400が833,600円から、Firebox M500が1,291,200円からとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×