連邦保安官たちは「DIRTBOX による潜入」を行っているとの報告~携帯電話を追跡する航空機、米全土に展開(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

連邦保安官たちは「DIRTBOX による潜入」を行っているとの報告~携帯電話を追跡する航空機、米全土に展開(The Register)

FBI も、地上ベースの「模倣型セル基地局(Stingrays と呼ばれている)」を同じような方法で利用している。連邦は、そのスキャン用の装置の存在を完全に隠そうとしていたと伝えられていることもあって、それは激しい論争の的となっている。

国際 TheRegister
伝えられるところによると、連邦保安官たちは携帯電話の位置を上空から探し出すことができるようにするため、「dirtboxes」のニックネームを持つ小さな携帯電話セルを、航空機の中に装着したという。

言い換えるなら、「もうひとつの別の米国の機関が、ひそかに市民を追跡するために、もうひとつの別の方法を見つけた」ということになる。

法執行機関で逃亡者の追跡をしている当局者たちは、監視用の装置を装備した「軽飛行機の編隊」を所持しており、その飛行機は Boeing の子会社 Digital Receiver Technology(その頭文字は DIRT になる――お分かりだろうか?)によって作られている。それが(dirtboxes の)ニックネームの由来だ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×