「旧型」WireLurker は、Windows から i デバイスへの進出に挑戦し、失敗していた~マルウェアの進化:どのようにして新型は Apple に侵入したのか(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

「旧型」WireLurker は、Windows から i デバイスへの進出に挑戦し、失敗していた~マルウェアの進化:どのようにして新型は Apple に侵入したのか(The Register)

国際 TheRegister

Mac OS X のシステムに感染し、そこから Apple の iOS デバイス上への拡散を可能とする、新しく発見されたマルウェア WireLurker の古いバージョンは、かつて Microsoft Windows を標的としていたことが判明した。

WireLurker はジェイルブレイクしていない iPhone と iPad を攻撃することを可能とし、「そういったデバイスはマルウェアの脅威を実質的に免れる」という常識を覆した最初のマルウェアである。

WireLurker に関する警告を最初に発した Palo Alto Networks は、中国の iPhone ユーザー、およびタブレットユーザーたちの間で、そのマルウェアが実際に感染している様子が見られたと語った。

その後、セキュリティダッシュボードベンダー AlienVault Labs の研究員 Jaime Blasco が、「WireLurker の C&C サーバのアドレスが含まれた Windows の実行ファイル」を発見した。そのサンプルは Palo Alto に渡され、そして Palo Alto が分析した結果、それが WireLurker の古いバージョンであることが確認された。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×