「旧型」WireLurker は、Windows から i デバイスへの進出に挑戦し、失敗していた~マルウェアの進化:どのようにして新型は Apple に侵入したのか(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

「旧型」WireLurker は、Windows から i デバイスへの進出に挑戦し、失敗していた~マルウェアの進化:どのようにして新型は Apple に侵入したのか(The Register)

「WireLurker は、(Apple のエンタープライズ配布のプログラムを悪用することが)いかに『もはや理論上の危険性ではなく、現実に見られる活動的な脅威』となっているのかを示す一例である」

国際 TheRegister
Mac OS X のシステムに感染し、そこから Apple の iOS デバイス上への拡散を可能とする、新しく発見されたマルウェア WireLurker の古いバージョンは、かつて Microsoft Windows を標的としていたことが判明した。

WireLurker はジェイルブレイクしていない iPhone と iPad を攻撃することを可能とし、「そういったデバイスはマルウェアの脅威を実質的に免れる」という常識を覆した最初のマルウェアである。

WireLurker に関する警告を最初に発した Palo Alto Networks は、中国の iPhone ユーザー、およびタブレットユーザーたちの間で、そのマルウェアが実際に感染している様子が見られたと語った。

その後、セキュリティダッシュボードベンダー AlienVault Labs の研究員 Jaime Blasco が、「WireLurker の C&C サーバのアドレスが含まれた Windows の実行ファイル」を発見した。そのサンプルは Palo Alto に渡され、そして Palo Alto が分析した結果、それが WireLurker の古いバージョンであることが確認された。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×