沖縄県民は午後の公共機関でのスマホ紛失に注意--紛失に関する調査結果(ルックアウト・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

沖縄県民は午後の公共機関でのスマホ紛失に注意--紛失に関する調査結果(ルックアウト・ジャパン)

ルックアウト・ジャパンは、報告書「日本のスマートフォン紛失にまつわる事情」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ルックアウト・ジャパン株式会社は11月18日、報告書「日本のスマートフォン紛失にまつわる事情」を発表した。本報告書は9月15日から18日、日本国内でスマートフォンを現在持っている、または日常的に使用している18歳以上の1,000人を対象に、インターネットを通じてIDG Researchによって実施された調査の結果をまとめたもの。報告書によると、日本のスマートフォン保有者の5人に1人以上(23%)がスマートフォンを失くしたり置き忘れたりした経験があり、そのうち11%は端末を取り戻せなかったという。

さらに、紛失した場面では「公共の場所に置いて、うっかりそのままにした(45%)」が最も多く、場所は「公共交通機関」「お店やショッピングセンター」がともに16%、「飲食店」が14%となっている。時間帯では12時から17時が38%、18時から21時が34%。地域では沖縄が44%と突出して多く、東北(27%)、関西、関東(ともに23%)と続いた。取り戻すためにした行動は「来た道を戻って入念に探した」(57%)、「ほかの電話から自分のスマートフォンに電話をかけた」(50%)などとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×