沖縄県民は午後の公共機関でのスマホ紛失に注意--紛失に関する調査結果(ルックアウト・ジャパン) | ScanNetSecurity
2020.05.26(火)

沖縄県民は午後の公共機関でのスマホ紛失に注意--紛失に関する調査結果(ルックアウト・ジャパン)

ルックアウト・ジャパンは、報告書「日本のスマートフォン紛失にまつわる事情」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ルックアウト・ジャパン株式会社は11月18日、報告書「日本のスマートフォン紛失にまつわる事情」を発表した。本報告書は9月15日から18日、日本国内でスマートフォンを現在持っている、または日常的に使用している18歳以上の1,000人を対象に、インターネットを通じてIDG Researchによって実施された調査の結果をまとめたもの。報告書によると、日本のスマートフォン保有者の5人に1人以上(23%)がスマートフォンを失くしたり置き忘れたりした経験があり、そのうち11%は端末を取り戻せなかったという。

さらに、紛失した場面では「公共の場所に置いて、うっかりそのままにした(45%)」が最も多く、場所は「公共交通機関」「お店やショッピングセンター」がともに16%、「飲食店」が14%となっている。時間帯では12時から17時が38%、18時から21時が34%。地域では沖縄が44%と突出して多く、東北(27%)、関西、関東(ともに23%)と続いた。取り戻すためにした行動は「来た道を戻って入念に探した」(57%)、「ほかの電話から自分のスマートフォンに電話をかけた」(50%)などとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×