Yosemite が厄介な脆弱性「Rootpipe」で荒れる~この「シェルのアクセス権限昇格のバグ」は翌年 1 月までは修正されない(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.18(火)

Yosemite が厄介な脆弱性「Rootpipe」で荒れる~この「シェルのアクセス権限昇格のバグ」は翌年 1 月までは修正されない(The Register)

の脆弱性は、何者かが sudo コマンドを利用する際に行われる「パスワードの要求」を覆すもので――つまり、スーパーユーザーとしてシェルにアクセスするということになる。

国際 TheRegister
一人のスウェーデンのセキュリティ研究家が、OS X「Yosemite」の深刻な脆弱性を報告した。しかし、Apple にパッチを準備する時間を与えるために、その詳細は 1 月まで明かされない予定だ。

その脆弱性が最初に報告されたのは 10 月中旬、このバグの存在を大まかに説明する動画を、Truesec が YouTube に投稿したときのことだった。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×