「Edward とは誰だ?」GCHQ のボスは最後のスピーチで Snowden の話題を避ける~英国のスパイは「大規模な監視」をせずに「散歩」をする(その 2)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

「Edward とは誰だ?」GCHQ のボスは最後のスピーチで Snowden の話題を避ける~英国のスパイは「大規模な監視」をせずに「散歩」をする(その 2)(The Register)

国際 TheRegister

●わずかな割合のデータ

その発言が、「GCHQ は、入手可能なあらゆるインターネット通信を全て吸い上げようとしている」と示唆することがないよう、彼は(報告されている内容とは相反して)それがほんの少量のサンプリングであると語った。

「今日、世界中のあらゆる通信――メール、テキスト、画像――のうち、我々のセンサーの圏内にあるのは、ほんの少しの割合だ。その中で、我々が傍受するのは少しの割合である。そのうち我々が(期間を限定して)保存するのは、ほんの僅かな割合である。その中から『法の枠組みで許可されており、そこでリソースから自明的に条件付きのもの』と見なされ、実際に見たり聞いたりするのは、ほんの少しの割合である」
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×