「Edward とは誰だ?」GCHQ のボスは最後のスピーチで Snowden の話題を避ける~英国のスパイは「大規模な監視」をせずに「散歩」をする(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity
2023.02.09(木)

「Edward とは誰だ?」GCHQ のボスは最後のスピーチで Snowden の話題を避ける~英国のスパイは「大規模な監視」をせずに「散歩」をする(その 1)(The Register)

大西洋ファイバーケーブル通信の傍受や、Belgacom のシステムのハッキングに関する Snowden の暴露にも関わらず、その聴衆は、「いかに GCHQ のスタッフが厳格な規制制度の範囲内で活動しているのか」についても話を聞くこととなった。

国際 TheRegister
Iain Lobban 卿が、GCHQ のディレクターとして行った最後のスピーチでは、Edward Snowden に関して何ひとつ言及されることがなかった。先日の FBI のスピーチや、大西洋の両サイドの法執行当局によるスピーチとも異なり、そのスパイ機関のボスは「スマートフォンとコンピュータ上で暗号化の改善を展開する」という Apple や Google のプランに対し、特に重要な発言をすることもなかった。

その一方で、火曜日(編集部註:2014 年 10 月 21 日)、ロンドンのチャーチル博物館・内閣戦時執務室(Churchill War Rooms)に招待された聴衆は、過去 31 年間のスパイ活動に対する Lobban の感想を聞くことができた。

その聴衆(当局者、コメンテーター、そして業界や学界の代表者たち)は、第二次世界大戦中のシギントの英雄的な役割についてだけでなく、その業務が冷戦中いかに進化したのかを語られた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×