「Edward とは誰だ?」GCHQ のボスは最後のスピーチで Snowden の話題を避ける~英国のスパイは「大規模な監視」をせずに「散歩」をする(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

「Edward とは誰だ?」GCHQ のボスは最後のスピーチで Snowden の話題を避ける~英国のスパイは「大規模な監視」をせずに「散歩」をする(その 1)(The Register)

大西洋ファイバーケーブル通信の傍受や、Belgacom のシステムのハッキングに関する Snowden の暴露にも関わらず、その聴衆は、「いかに GCHQ のスタッフが厳格な規制制度の範囲内で活動しているのか」についても話を聞くこととなった。

国際 TheRegister
Iain Lobban 卿が、GCHQ のディレクターとして行った最後のスピーチでは、Edward Snowden に関して何ひとつ言及されることがなかった。先日の FBI のスピーチや、大西洋の両サイドの法執行当局によるスピーチとも異なり、そのスパイ機関のボスは「スマートフォンとコンピュータ上で暗号化の改善を展開する」という Apple や Google のプランに対し、特に重要な発言をすることもなかった。

その一方で、火曜日(編集部註:2014 年 10 月 21 日)、ロンドンのチャーチル博物館・内閣戦時執務室(Churchill War Rooms)に招待された聴衆は、過去 31 年間のスパイ活動に対する Lobban の感想を聞くことができた。

その聴衆(当局者、コメンテーター、そして業界や学界の代表者たち)は、第二次世界大戦中のシギントの英雄的な役割についてだけでなく、その業務が冷戦中いかに進化したのかを語られた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×