量子鍵セキュリティ、実用に一歩前進~あなたも「デバイスから切り離された証明」に近づける……もしも物理学の法に従うなら(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

量子鍵セキュリティ、実用に一歩前進~あなたも「デバイスから切り離された証明」に近づける……もしも物理学の法に従うなら(The Register)

国際 TheRegister

米国の研究者たちが、量子鍵配送(QKD)を「通信の両サイドで誰のデバイスが利用されているのかを問わず、証明可能な安全性を保つことのできるブラックボックス」へと変化させる試みを一歩前進させた。

研究者たちは量子暗号の実装を行う際、セキュリティを証明するものとして、彼らが作成してきたシステムのモデルに依存している。それは、あらゆる量子鍵配送のスキームの保証の完成度が、そのモデルの完成度にしかならないということを意味している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×