量子鍵セキュリティ、実用に一歩前進~あなたも「デバイスから切り離された証明」に近づける……もしも物理学の法に従うなら(The Register) | ScanNetSecurity
2020.08.11(火)

量子鍵セキュリティ、実用に一歩前進~あなたも「デバイスから切り離された証明」に近づける……もしも物理学の法に従うなら(The Register)

その著者は、彼らの研究を「一定のノイズ率に耐え、暗号鍵の量の線形的な抽出を可能とする、『デバイスから切り離された、完全な量子鍵配送のセキュリティ証明』として初の研究」と呼んでいる。

国際 TheRegister
米国の研究者たちが、量子鍵配送(QKD)を「通信の両サイドで誰のデバイスが利用されているのかを問わず、証明可能な安全性を保つことのできるブラックボックス」へと変化させる試みを一歩前進させた。

研究者たちは量子暗号の実装を行う際、セキュリティを証明するものとして、彼らが作成してきたシステムのモデルに依存している。それは、あらゆる量子鍵配送のスキームの保証の完成度が、そのモデルの完成度にしかならないということを意味している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×