取り散らかった CERT を片付ける FIRST の国際標準~バグ対応の連合体は語る「分かち合いは助け合いだ」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

取り散らかった CERT を片付ける FIRST の国際標準~バグ対応の連合体は語る「分かち合いは助け合いだ」(The Register)

数多くの異なる種類のデータが収集、共有され、様々な測定基準が用いられる CERT の標準的な業務モデルは、これまで存在していなかった。それが国ごとの CERT 間で、情報共有やデータの分類など数々の問題を生じさせてきた

国際 TheRegister
インシデント対応の国際的な連合体「FIRST」が、政府や大企業のコンピュータ緊急対応チーム(CERT)の業務を改革し、統一するためのグローバルスタンダードの活動を先導している。

FIRST(The Forum of Incident Response and Security Teams)は、その活動のために 50 万ドル(編集部註:約 5,370 万円)を注ぎ込んでおり、また、様々な国の CERT や、豪州、米国、カナダを含めた政府から、そして英国の新しい CERT からの支援を受けている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×