ロシアの「カード情報の闇販売」のカイザー・ソゼを、ハッカーハンターが示す~報告書は語る:その首謀者は「Rescator」だ(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

ロシアの「カード情報の闇販売」のカイザー・ソゼを、ハッカーハンターが示す~報告書は語る:その首謀者は「Rescator」だ(The Register)

国際 TheRegister

「ウクライナの Odessa を拠点としているハッカーが、危殆化されたクレジットカードから盗まれたデータの『主要な供給者』となっていた」と、新しい調査結果が主張している。

ロシアのサイバーセキュリティコンサルタント企業 Group-IB によると、その人物(あるいは複数の人々)は、「Rescator」(別名 Helkern and ikaikki)の偽名で活動している。Rescator は、カード詐欺のオンライン市場「SWIPED」へ、500 万枚以上のカードの詳細情報をアップロードした。

「Rescator は SWIPED のオーナーではない。彼は、その店の活発な売人だ」と、Group-IB の脅威防止・調査部グループ長 Dmitry Volkov は主張した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×