Wii Uのエンドユーザーライセンスに困惑の声、拒否したいユーザーは為す術なく | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

Wii Uのエンドユーザーライセンスに困惑の声、拒否したいユーザーは為す術なく

任天堂が海外で最近更新したWii Uのエンドユーザーライセンス(EULA、End-User License Agreement)に困惑の声が上がっています。

国際 海外情報
任天堂が海外で最近更新したWii Uのエンドユーザーライセンス(EULA、End-User License Agreement)に困惑の声が上がっています。

問題となっているのはその内容ではなく、同意するしかない方式です。条項を確認した後、置かれているボタンは「同意」のみ。拒否したいユーザーは為す術がありません。

この画面を一旦閉じたとしても、ゲームやアプリケーションを起動しようとする度にEULAへの同意を求める画面が登場します。その様子をYouTubeにユーザーが投稿しています。PLAY4REALはあるハッカーが対処法を見つけたとして「Wii Uを起動しなければ良い」という言葉を伝えています。

これまでのゲーム機であれば、同意しなかった場合にはインターネット接続が出来ないなどの制限が行われるケースはありましたが、全く利用できないというのは例が無かったとのことで、任天堂が何らかの対応を行うかどうか注目されます。

強制的に同意させられるWii Uの新たなライセンス条項に困惑の声・・・海外

《土本学@INSIDE》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×