「戦えない日本、守れない日本」角川アスキー総研遠藤氏 ~サイバーセキュリティのパネルディスカッション開催 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

「戦えない日本、守れない日本」角川アスキー総研遠藤氏 ~サイバーセキュリティのパネルディスカッション開催

「スマホの普及で、ライフスタイルが大きくネットと溶け込もうとしている同じ時期に、ネットは暗黒の時代に突入しているような印象すら受けます。」

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
10月28日都内で、内閣審議官・内閣官房情報セキュリティセンター副センター長 谷脇 康彦 氏と、Kaspersky Lab 取締役会長 兼 CEO ユージン・カスペルスキー 氏、角川アスキー総合研究所 取締役 主席研究員 遠藤 諭 氏3名が、サイバーセキュリティの現在とこれからについて討論するパネルディスカッションが、株式会社イード主催で開催される。

開催を目前に控え、パネルディスカッションのモデレータを勤める遠藤氏に、当日の議題と意気込みを聞いた。


――近年の情報セキュリティの変化をどう見ていますか?

遠藤「スマホの普及で、ライフスタイルが大きくネットと溶け込もうとしている同じ時期に、ネットは暗黒の時代に突入しているような印象すら受けます。日本人のネットリテラシーは残念ながらあまり誇れる状況にはありません。

たとえば米国では、1980年代のレーガン政権の時代、教育改革が起きて、小中学校にどんどん PC が入っていきました。シンガポールや韓国も同様でしたが、日本はほぼゼロでした。

そういう環境で育った世代がいまや企業の中核的な役割をはたすようになっています。それが、ボディーブローのように利いてネットビジネスで日本が世界で戦えないというような状況をもたらしてきた。いままでは「戦えない」だったのが、これからは「守れない」という状況に立たされる。

今回、キーマンであるお二方のお話を直接うかがえることにいまから興奮しています。ただ、単に注意をうながすことを連呼するのではなく、かしこくセキュリティについて覚醒させてくれるイベントになると思います。」
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×