25日未明リリースの「iOS 8.0.1」、不具合の報告が続出して配信を中止(アップル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

25日未明リリースの「iOS 8.0.1」、不具合の報告が続出して配信を中止(アップル)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 「iOS 8.0」のアップデート版「iOS 8.0.1」が日本時間25日未明リリースされたが、不具合の報告が続出して配信が中止された。

 「iOS 8.0.1」では、HealthKitアプリに関するバグの修正や、一部のアプリが写真にアクセスできない問題を解決といったことが含まれていた。とくにHealthKitアプリに関しては、「iOS 8.0」の特長のひとつに数えられる新機能だったにもかかわらず、サードパーティのアプリがApp Storeから取り下げられる事態となり、早急な対策が求められていた。

 「iOS 8.0.1」は日本時間の25日未明に配信。ところが直後からiPhone 6/6 Plusユーザーから圏外になってしまうなどの報告がTwitterを中心に報告され、アップルも配信を中止した。iPhone 5sなど、iPhone 6/6 Plus以外では問題は起きていないようだ。

アップル、「iOS 8.0.1」リリースもiPhone 6/6 Plusに不具合続出で配信中止

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×