クラウド型アンチウイルス「Dr.Web AV-Desk」の国内提供を開始(Dr.WEB、DSol) | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

クラウド型アンチウイルス「Dr.Web AV-Desk」の国内提供を開始(Dr.WEB、DSol)

Dr.WEBはDSolと提携し、クラウド型アンチウイルスソリューション「Dr.Web AV-Desk」の国内提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は9月17日、クラウド型アンチウイルスソリューション「Dr.Web AV-Desk」の国内提供を開始したと発表した。ディーアイエスソリューション株式会社(DSol)と提携し、DSolが運営するデータセンター事業の一環として、アンチウイルスソフト「Dr.WEB」のSaaS版を利用できる、企業向けウイルス対策サービス「Dr.Web on SaaS」を発売する。

本サービスは、DSolが運営するインターネットデータセンター(IDC)に設置されたDr.Web管理サーバをインターネット経由で顧客ごとにマルチテナント型で機能提供を行うというもの。利用料金は月額1IDあたり200円、年額1IDあたり2,400円。なお、最低利用数は10 ID、最低利用期間は1年間となる。同社ではAndroidスマートフォン・タブレットユーザ、PC・サーバユーザをターゲットに、初年度2万ライセンスの契約を見込んでいる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×