「ゲーマーのためにゲーマーが開発した」セキュリティソフトを発売(ウェブルート) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.24(日)

「ゲーマーのためにゲーマーが開発した」セキュリティソフトを発売(ウェブルート)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ウェブルート株式会社は9月9日、PCゲーマー向けセキュリティ製品「ウェブルート セキュアエニウェア アンチウイルス for ゲーマー」を、秋葉原のe-Sports SQUAREにおいて発表した。価格は1年1台のライセンスで1,980円で、9月26日より発売される。e-Sports SQUAREは、国内初のe-sports専用施設で、「e-sports:エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」はコンピューターゲームで行なわれる競技をスポーツとみなすもの。海外では従来のプロスポーツと同様に、スポンサー企業のついたハイレベルなe-sportsプレイヤーたちが莫大な賞金を掛けて競う大会が実施され、大勢の観客が存在する。

ウェブルートの代表取締役社長である伊藤誉三氏は、インターネット上の悪意のあるサイトはロングテールのように時間とともに少なくなるが、その分危険性の高いサイトが多くなっていると指摘、マルウェアも指数関数的に増加しており、モバイルデバイスはますますターゲットとされる傾向にあると脅威の変化を説明した。この変化を受け、同社は3年前からフルクラウドへ移行し、マルウェアの判断などをクラウドで行うようにした。インフラの進化により実現できたことではあるが、これによりクライアントPCの負荷を大幅に削減できたという。

e-Sports SQUAREを運営する株式会社SANKOの代表取締役である鈴木文雄氏は、「e-sportsではセキュリティソフトも重要なものとなる。しかし、ほとんどのセキュリティメーカーはゲーミフィケーションに無関心で、注力しているのはウェブルートだけであった。そのためe-Sports SQUAREのPCにはすべてウェブルートのセキュリティ製品を導入している」と述べた。e-Sportsはスポーツなので、いいデバイスが求められる。そこにコストパフォーマンスも良く性能も信頼できる製品が出たことは喜ばしいとして、今後は大会やイベントでウェブルート製品をバックアップしていくという。また、e-Sports SQUAREのオンラインショップでは、一般発売に先駆けて同日より先行販売を開始している。

ウェブルートのマーケティング部シニアマネージャーである吉田一貫氏は、ゲーマーを対象とした調査結果と製品の紹介を行った。ゲーマーの3人に1人はセキュリティトラブルを経験しており、アカウントを乗っ取られたケースも少なくない。また1/3のゲーマーがセキュリティソフトに満足しておらず、13%が「セキュリティソフトをオフにする」と回答している。こういった状況に対し「ウェブルート セキュアエニウェア アンチウイルス for ゲーマー」は、プレーを邪魔しない最大限のパフォーマンスと高いセキュリティを同時に実現したと紹介、インストールサイズやスキャン時間、メモリ使用量などにおいて他の製品を圧倒していると述べ、デモも披露した。また、米Webrootの開発者にはゲーマーが多く、社内ゲームイベントも開催していることから「ゲーマーのためにゲーマーが開発したセキュリティ」であるとした。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. 「サイバーセキュリティ関連で最もクールな4つの職種」を発表(マカフィー)

    「サイバーセキュリティ関連で最もクールな4つの職種」を発表(マカフィー)

  3. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

    30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  4. 世界の大規模漏えい事故から、日本企業の「社外」にある情報資産を可視化(イード)

  5. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  6. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  7. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  8. ルートゾーンKSKロールオーバーのプロセス開始、DNSパケットサイズに注意(JPRS)

  9. アジア以外ではランサムウェアの検出数が前年の2倍に、脅威の進化も(チェック・ポイント)

  10. ディープラーニングを採用したイスラエルのエンドポイント保護製品を発売(アズジェント)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×