「中国の犯罪者たち」が米国の病院から 450 万件の患者ファイルを盗む~CHS「ご心配なく、我々は保険に加入していますから」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.20(火)

「中国の犯罪者たち」が米国の病院から 450 万件の患者ファイルを盗む~CHS「ご心配なく、我々は保険に加入していますから」(The Register)

国家対情報局は昨年、「中国のハッカーたちが、米国の医療系企業を標的として新しい薬や医療機器に関する知的財産を奪おうとしている」と議会に警告した。それらの警告は、当初に考えられていたよりも正確であったように思われる。

国際 TheRegister
今年の 4 月から 6 月にかけて、米国最大のヘルスケアサービス企業の一つ Community Health Systems(CHS)のシステム内で、中国のハッカーが暴れ回り――数百万の患者の名前、住所、社会保障番号にアクセスした、と同社が主張している。

しかし CHS は、いかなる医療記録や金融データも悪党に掴まれてはいないと強く主張した。同社は米国の 29 の州で 206 の病院を監督している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×