第5のエンジン「機械学習エンジン」を搭載した「FFR yarai」新版(FFRI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

第5のエンジン「機械学習エンジン」を搭載した「FFR yarai」新版(FFRI)

FFRIは、標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」シリーズのVersion2.5をリリースした

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社FFRIは8月22日、標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」シリーズのVersion2.5を同日よりリリースしたと発表した。本製品は、従来のセキュリティ対策で用いられているシグネチャやパターンファイルなどに依存せず、標的型攻撃で利用される攻撃の特徴を複数のヒューリスティックエンジンによりさまざまな角度から分析し、未知の脅威に対して高い精度で攻撃を検知・防御するソフトウェア。

新バージョンでは、従来の4つのヒューリスティックエンジンに加え、第5のエンジンとして「機械学習エンジン」を搭載し、未知マルウェア対策を強化した。機械学習エンジンには、FFRIがサイバー攻撃対策の研究開発を目的に収集している膨大なマルウェアの解析結果(振る舞い)をビッグデータとして活用し、機械学習技術を用いて分析することで、人間が見つけ出すことが困難な検出ロジックが搭載されている。このほかにも、既存エンジンの検知精度向上や、対応プラットフォームの拡充、管理機能の強化・改善などが行われている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×