スノーデンが語るNSAのMonsterMindの恐怖、サイバー戦争を引き起こす可能性 プラス:シリアのインターネットがダウンしている?それは米国の失態だ(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

スノーデンが語るNSAのMonsterMindの恐怖、サイバー戦争を引き起こす可能性 プラス:シリアのインターネットがダウンしている?それは米国の失態だ(The Register)

国際 TheRegister

騒動を引き起こしたNSA(国家安全保障局)のシステム管理者エドワード・スノーデンが語ったところでは、彼のかつての雇用主は、脅威とみなした海外のコンピュータを自動的に、つまりまずは人間に知らせることなく、攻撃を行うソフトウェアを開発していた、とのことだ。

そのシステムはMonsterMindと呼ばれ、米国の重要なサーバへの攻撃を可能な限り迅速に検知し、その攻撃を食い止めるべく設計されている。さらに、明示的な許可を与える者がいなくても、検出した攻撃者を無力化するために反撃するようにも設計されている。

MonsterMindが正規の標的のみをハッキングするべく、米国のスパイらが設計していると考える者もいるだろう。しかしスノーデンの述べるところでは、米国のサーバへの一斉射撃はしばしば他国を経由しており、MonsterMindの標的システムが欺かれる可能性があるということだ。
《Images & Words, Inc.》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×