慌てるな!衛星通信のハッキングでは航空機を墜落させられない~気の利いたアイデアだがまったく飛ばない(The Register 全文掲載) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

慌てるな!衛星通信のハッキングでは航空機を墜落させられない~気の利いたアイデアだがまったく飛ばない(The Register 全文掲載)

国際 TheRegister

Black Hat 2014。人騒がせな記事があるが、今すぐにハッカーが飛行機を堕とすということはない。この記事を知った神経質な乗客の心配事が1つ減る。

セキュリティ企業IOActiveのコンサルタントRuben Santamarta氏が、Black Hatにて航空機のセキュアでない衛星通信システムについて講演を行う予定である。記者達がこのことを知ると、センセーショナルな見出しが躍った。木曜日のラスベガスでのカンファレンスにて同氏が完全版の講演を行った今、この詳細が何であったのかお伝えすることができる。

「衛星信号を妨害し、データチャネルを変更することはできるが、それで航空機を完全に制御できるという意味ではない」と、Santamarta氏は述べた。

「航空機には地上と通信するための方法がVHFを含めいくつか存在する。衛星にのみ頼っているわけではない。」

IOActive社で実施したいかなる試験においても、航空システムがハッカーによってリモートから制御され得ることが示されなかった点を、同氏は付け加えた。それよりむしろ、航空機の中にいる者によって、機内Wi-Fiを用いて衛星信号が妨害されたり、時には偽造されたりし得る。ただし同氏が述べたハックの一部では、ハードウェア自体への物理的なアクセスを要する。

Santamarta氏による製造業者5社の衛星通信機材の調査では、ソフトウェアのさまざまなセキュリティ上の脆弱性が明らかになった。ドキュメントにない大量のサブルーチンや、ファームウェア内にハードコーディングされたログイン情報などだ。

同氏はまた、大量のバックドアサービスも発見した。製造業者によれば、これは機材の保有企業からパスワードを聞き出す必要性なしに、サポートスタッフがメンテナンス作業を実施するためにシステム内に入る際に使われている。

「決してコードにバックドアを用意してはならない」と同氏は言う。「それには常にセキュリティ上のリスクがある。」

Santamarta氏の報告によれば、衛星通信の製造業者は調査結果をよく理解していない。たとえば、Inmarsat社は変更の必要があることを認識しているが、Iridium社は同氏の研究結果を退け、パッチやコードの改定は不要だと述べていると、同氏は主張している。

なので、休日は一息つけるところへ向かうといい。テロリストが今すぐにコンピュータで航空機を墜落させるようなことはないようだ。

※本記事はWebサイトに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳: Images & Words, Inc.
《Images & Words, Inc.》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×