ユーザ自身が対策する「オンラインセキュリティのための8つのヒント」(ウェブルート) | ScanNetSecurity
2020.11.25(水)

ユーザ自身が対策する「オンラインセキュリティのための8つのヒント」(ウェブルート)

ウェブルートは、「オンラインセキュリティのための8つのヒント」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
ウェブルート株式会社は8月11日、「オンラインセキュリティのための8つのヒント」を発表した。これはWebroot社のブログを翻訳したもの。ブログでは、セキュリティ確保のためには、まずユーザ自身がしっかりと対策を取ることが何よりも重要であるとして、8つのヒントを掲載している。8つのヒントは以下の通り。

1:可能な限り2段階認証を利用する
2:ログイン通知サービスを利用する
3:安全なパスワードを使用する
4:パスワードは定期的に変更する
5:安全な場所からしかアカウントにアクセスしない
6:HTTPSアクセスを確認する
7:スパムフィルターのレベルを上げ、メールのリンクをクリックしない
8:最新のセキュリティプログラムを使用すること

ブログでは、インターネット上のアカウントに対する脅威が常に存在している一方で、セキュリティを維持し、安全性を自ら確保するためのアドバイスや、そのために利用できるさまざまな機能がセキュリティ関連企業やそれぞれのWebサイトから提供されており、ほとんどの場合、無料で提供されているとして締めくくっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×