被害を減らすためスマホアプリで台風11号の情報配信を開始(ウェザーニューズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

被害を減らすためスマホアプリで台風11号の情報配信を開始(ウェザーニューズ)

脆弱性と脅威 脅威動向

ウェザーニューズは、台風による被害を減らすため、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『台風ピンポイント』と『スマートアラーム(台風モード)』において、台風11号に関する情報の配信を開始した。

強い勢力の台風11号は沖縄の南東の海上を北上中で、9日には強い勢力を維持したまま、九州~四国に接近または上陸する恐れがあり、このままの勢力で上陸すると、西日本を中心に広い範囲で交通機関に影響が出る可能性がある。

また、九州や四国では台風接近前から大雨となっており、すでに地盤が緩んでいる地域も。今後も台風11号が過ぎ去るまでは、大雨による土砂崩れや河川の増水に最大限の警戒が必要だとしている。

またこれに限らず、お盆シーズンに帰省や旅行の予定がある場合は、台風の動向と交通情報に注意する必要がある。

台風11号の最新情報を提供開始 ウェザーニュースタッチ

《礒崎遼太郎@CycleStyle》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×