MTP(PTP)デバイスの対応状況を公開、スマホ経由の情報漏えいに注意喚起(ラネクシー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

MTP(PTP)デバイスの対応状況を公開、スマホ経由の情報漏えいに注意喚起(ラネクシー)

ラネクシーは、デバイス制御ソフトウェア「DeviceLock」のMTP(PTP)デバイスへの対応状況を公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラネクシーは8月4日、デバイス制御ソフトウェア「DeviceLock」のMTP(PTP)デバイスへの対応状況を公開した。DeviceLockは、USBメモリやCD-ROMなどの着脱可能メディアを始め、FireWireポート、Wi-Fiアダプタ、BluetoothアダプタなどクライアントPCの周辺機器の使用を制限することで、外部への情報の不正持ち出しを防止するソフトウェア。今回の情報公開は、現在報道されている大規模な顧客情報漏えいインシデントにおけるデータ持ち出し経路が、MTP(PTP)通信方式のスマートフォンであると発表されていることを受けたもの。

DeviceLockは、従来のUSBマスストレージ方式をはじめとしたさまざまなデバイスの制御に加え、2011年9月リリースのバージョン7.1からMTP(PTP)方式でUSB接続するデバイスの使用禁止設定が可能となっており、最新のセキュリティリスクに対応している。同社では今回、DeviceLockバージョン7.3において、Windows 7およびWindows 8.1環境でのAndroid端末(OSバージョン4.2.2)の制御時の動作検証をおこない、正しく制御可能であることを確認した。これに伴い、MTP(PTP)モードのスマートフォンを経由した情報漏えいへの注意喚起を促すためのコンテンツを公式サイト上で公開したという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×