低コスト、高セキュリティの無線LANアクセスポイントに新機種を追加(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity
2020.10.22(木)

低コスト、高セキュリティの無線LANアクセスポイントに新機種を追加(フォーティネットジャパン)

フォーティネットジャパンは、企業向けのセキュア無線LANソリューションに、802.11ac対応のアクセスポイント「FortiAP-221C」および「FortiAP-320C」を新たに製品ラインアップに追加し、日本での出荷を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットジャパン株式会社は7月17日、企業向けのセキュア無線LANソリューションに、802.11ac対応のアクセスポイント「FortiAP-221C」および「FortiAP-320C」を新たに製品ラインアップに追加し、日本での出荷を開始したと発表した。急激な無線デバイスの普及によって無線LAN市場も急成長している。しかし、企業においては「セキュリティ脆弱性の多様化」「利用アプリやデバイスの多様化」「インフラとしての無線LANの品質」「初期コスト、運用管理コストの増大」といった懸念点がある。

フォーティネットは、世界で200名以上のエンジニアを擁し、新たな脅威を検知するとともに最新のシグネチャを1日平均3回、自動配信している。また、SNSなどにより大量のショートパケットが発生する環境下でも、専用のASICによってパフォーマンスを担保している。さらにオールインワンセキュリティアプライアンスの統合プラットフォームが同社の強みとなっている。

同社のUTMである「FortiGate」が導入された環境であれば、FortiGateが無線LANコントローラとして動作する。これにより、従来のセキュリティゲートウェイとしての機能と無線LAN管理を統合が可能で、無線、有線、リモートのすべてのアクセスで一貫した認証とセキュリティポリシーを適用できる。また、ユーザ、デバイス、攻撃者、アプリの多層チェックによって、ネットワークの入口でのセキュリティを確保できるとした。さらに、デバイスやWi-Fi電波の可視化も可能だ。

今回、新たに中規模・大規模オフィス環境向けの「FAP-221C」および次世代オフィス環境向けの「FAP-320C」の2製品をラインアップに加えた。年間サポート費用込みの参考価格は、FAP-221Cが11万5千円、FAP-320Cが23万2千円となっている。いずれもラックマウントキットを同梱し、低消費電力の802.3afにも対応する。また、FortiGateがサーバの役目をするため、別途サーバを用意する必要がない。特にセキュリティ機能において他社製品より優れているとした。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×