警官が玄関まで来てる? PANIC ボタンを押して RAM の内容を消去しろ~あたふたするハッカーのメモリを消し去るアプリケーション(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.21(土)

警官が玄関まで来てる? PANIC ボタンを押して RAM の内容を消去しろ~あたふたするハッカーのメモリを消し去るアプリケーション(The Register)

国際 TheRegister

次回、ハッカーのいる家のドアを警察が蹴破ったとき、その容疑者は Panic ボタンを押すことによって、たとえ標的の PC が凍結させられても、ほぼあらゆるデータを警察に回復できないようにすることができる。

その Panic ボタンとは「Centry Panic」と呼ばれる新しい Python のアプリケーションで、Windows、Mac、Linux に対するコールドブートアタックやダイレクトメモリアクセス攻撃(それはフォレンジックのプロが、メモリから情報を捕らえる際に利用する手法でもある)を緩和するために開発されたものだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×