中国曰く「Snowden の発言は正しい」~中国、米国のオンラインスパイ活動を大いに意地悪く結論づける(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

中国曰く「Snowden の発言は正しい」~中国、米国のオンラインスパイ活動を大いに意地悪く結論づける(The Register)

国際 TheRegister

オンラインのスパイ活動を巡り、中国が米国に対する語調を強めている。中国がリリースした自国の Internet Media Research Center の報告書は――驚くべきことに!――アンクル・サム(米国)がオンラインで多くのスパイ活動を行っている、と結論づけている。

このレポートでは、多くの仰々しい表現が用いられている。たとえば、冒頭の一節はこのようなものだ:

「超大国として、米国は他国(米国の同盟国を含む)を無節操に監視するため、その政治的、経済的、軍事的、技術的な主導権を利用している。米国のスパイ活動は、『反テロリズム』の正当な理論的解釈をはるかに越えており、また、それは道徳的な正義を完全に無視することで、利欲を追求する同国の醜い顔を晒してきた。その活動は国際法を著しく侵害し、人権を深刻に侵害し、そして世界をサイバー脅威下に置いてきた。彼らは世界中から拒絶され、非難されるに値する存在だ」
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×