「FinalCode」の新版を発表、大規模向けデータベースサーバ対応など強化(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

「FinalCode」の新版を発表、大規模向けデータベースサーバ対応など強化(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、企業・官公庁向けパスワード不要のファイル暗号化・追跡ソリューションのバージョンアップ版「FinalCode」Ver.4.1を提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
デジタルアーツ株式会社は6月3日、企業・官公庁向けパスワード不要のファイル暗号化・追跡ソリューションのバージョンアップ版「FinalCode」Ver.4.1を同日より提供開始したと発表した。また、iOS端末から「FinalCode」で暗号化されたPDFファイルが閲覧できる専用の無料ビュワーアプリ「FinalCode Reader」を6月中に提供開始する。FinalCodeは、主要なファイルフォーマットの共有、管理、消去までを安全に制御できる、企業・官公庁向けパスワード不要のファイル暗号化・追跡ソリューション。

最新版では、FinalCodeを自社で管理運用したい企業向けの「FinalCode Enterprise(オンプレミス版)」において、従来、対応していたデータベースサーバに「Oracle Database 12c」「PostgreSQL 9.3」を追加、大規模運用の企業への対応が可能になった。さらに、FinalCodeが使用可能な対象アプリケーションの追加とクライアントの処理速度を大幅にアップさせたほか、既存のユーザからの要望を取り入れ、FinalCode化されたファイルのアイコン表示を、Excel・Word・PowerPoint・PDFといった代表的な拡張子のアイコンのデザインか既存のFinalCodeのデザインか選択できるようになり、保存後のファイル管理が容易になった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×