ネットワーク向けの情報漏えい防止製品群を発表(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

ネットワーク向けの情報漏えい防止製品群を発表(マカフィー)

マカフィーは、組織において外部への情報漏えいを防止するソリューション「McAfee Data Loss Prevention(DLP)」のネットワーク向け製品群の提供を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マカフィー株式会社は5月22日、組織において外部への情報漏えいを防止するソリューション「McAfee Data Loss Prevention(DLP)」のネットワーク向け製品群の提供を発表した。5月26日より、国内の同社販売代理店を通じて提供を開始する。同社では、組織や企業の情報漏えいによる損失を防止するソリューションとして、従来からエンドポイント向けにDLPソリューションを提供してきたが、今回新たにネットワーク向けにMcAfee DLP製品群の提供を日本で開始することで、エンドポイントからネットワークまでの総合的な情報漏えい防止ソリューションを提供する。

ネットワーク型McAfee DLP製品群の構成製品は、他のDLPソリューションと連動し、社内のネットワーク上でやり取りされるデータのフローを統合管理する「McAfee DLP Manager」、社内ネットワーク上のデータをモニタリングし監視・保存する「McAfee DLP Monitor」、サーバ上のファイルを定期的にスキャンし、ストレージやハードディスクなどに保存された重要情報を検出、保護する「McAfee DLP Discover」、メールとWeb両方のネットワーク トラフィックを分析し、情報漏えいを検知、防止する「McAfee DLP Prevent」。

また、今回のネットワーク型McAfee DLP製品群の提供開始にあわせ、ネットワーク型McAfee DLP製品群と、エンドポイントの情報漏えい対策ソリューション「McAfee Data Loss Prevention Endpoint」を同梱したスイート製品「McAfee Total Protection for Data Loss Prevention」の提供も開始する。この総合的な情報漏えい対策ソリューションにより、組織や企業の重要なデータ資産をネットワークとクライアントの両環境で保護することが可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×