交通信号の脆弱性が「ミニミニ大作戦」風のハッキングの可能性を広げる~血まみれのドアが吹き飛ぶのは構わないが、ラッシュアワーの大混乱は?(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

交通信号の脆弱性が「ミニミニ大作戦」風のハッキングの可能性を広げる~血まみれのドアが吹き飛ぶのは構わないが、ラッシュアワーの大混乱は?(The Register)

国際 TheRegister

交通管制システムに、数々の憂慮される欠陥が発見された。この欠陥により、ハッカーたちは、まるで懐かしの英国映画「ミニミニ大作戦」で Michael Caine が演じた愛すべき無法者のように、交通に混沌をもたらすことができるかもしれない。

組み込み型セキュリティのエキスパートである IOActive Labs の CTO、Cesar Cerrudo は、世界中(米国、英国、フランス、豪州、中国、その他)の街々の交通管制システムが、エクスプロイトに対して脆弱であることを発見した。

彼が発見した脆弱性には、カオス的ともなりえる影響をもたらす目的で、誰もがデバイスを完全に制御できる可能性がある。Cerrudo によると、ハッキングされる可能性のある交通制御装置は 50,000 台以上存在しているという。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×