OAuth の欠陥「Covert Redirect」は Heartbleed より胸を打つ?~~バグのロゴを作ることで、その重要性が高まるわけではない(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

OAuth の欠陥「Covert Redirect」は Heartbleed より胸を打つ?~~バグのロゴを作ることで、その重要性が高まるわけではない(The Register)

彼は「どのようにして、このトリックが Facebook での OAuthの実装に適用されるか」を実演した。Facebook、Google、Yahoo、そして Microsoft を含めた OAuth 2.0 のウェブサイトが影響を受ける、と Jing は語っている。

国際 TheRegister
【動画】Google OpenID Covert Redirect Vulnerability

つい先日に報告された OAuth の新たな「脆弱性」は、どうやら「脆弱性とは違うもの」であるようだ。

この不親切な評価は、セキュリティ専門家たちによって下されたものである。それは、Heartbleed の脆弱性(管理者たちが先を争ってウェブサイトを修復したのも当然であるほど、甚大な非常事態を引き起こした脆弱性だった)と、この「Covert Redirect」と呼ばれる欠陥とが、一絡げとなって見出しを賑わせたことを受けての評価だった。

この欠陥は土曜日(編集部註:2014 年 5 月 3 日)、Nanyang Technological University の PhD の学生、Wang Jing によって報告された。彼は、攻撃者がこの欠陥を利用してユーザーにフィッシングを行い、トークンを取得する手法を説明した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×