巨大なバグ Heartbleed のクリーンアップで Tor ネットワークが 1/8 縮小~そして、全てのノードと、実行している OpenSSL のバージョンをチェックする前に行うこと(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

巨大なバグ Heartbleed のクリーンアップで Tor ネットワークが 1/8 縮小~そして、全てのノードと、実行している OpenSSL のバージョンをチェックする前に行うこと(The Register)

現在も Tor ノードの一部は、破られたバージョンの OpenSSL を走らせており、それは暗号キーなどの機密データを漏えいさせる目的で利用することができる。

国際 TheRegister
ときおり論争の的となるインターネットトラフィック匿名化サービス Tor が、Heartbleed の欠陥のおかげで「出血状態」となっている。

Tor を共同開発者したオリジナルメンバー 3 人の 1 人で、現在では同プロジェクトのリーダーである Roger Dingledine は、メーリングリスト「The tor-relays」の中で、このセキュリティバグに脆弱なシステムが取り除かれた場合、「我々は約 12%の Exit の能力と、12%の(Entry)Guard を失うだろう」と評価した
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×