Tesla「イーサネットポートのデータ伝送」のスキャンダル~Tesla のコンソールデータに「触るな」のサインか?(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.13(火)

Tesla「イーサネットポートのデータ伝送」のスキャンダル~Tesla のコンソールデータに「触るな」のサインか?(The Register)

このスレッドに貢献した人物は、コンソール上にインストールした Firefox を稼働している様子を示す写真を投稿した。さらに、そのスレッドは「Tesla の技術者たちが、どれほど深くまで車の内部を観察しているか」という陰謀説も煽動した。

国際 TheRegister
ひとりの Tesla 愛好家が、ネットワークへのサービスアクセスのために設計されたポートで、車内ネットワークのトラフィックが見えることに気づいた。それは「Tesla はハッキングされた」と報じる無数のバリエーションの見出しを誘発した。

このスレッドは 3 月から Tesla Motors Club フォーラムで始まったもので、それはセンターコンソール(192.168.0.100)、ナビゲーションスクリーン(192.168.0.101)、そしてゲートウェイデバイス(192.168.0.102)に接続される、ネットワークセグメント上の様々なタイプのトラフィックを見ることが可能である、ということを暴いた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×