Tesla「イーサネットポートのデータ伝送」のスキャンダル~Tesla のコンソールデータに「触るな」のサインか?(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.20(金)

Tesla「イーサネットポートのデータ伝送」のスキャンダル~Tesla のコンソールデータに「触るな」のサインか?(The Register)

国際 TheRegister

ひとりの Tesla 愛好家が、ネットワークへのサービスアクセスのために設計されたポートで、車内ネットワークのトラフィックが見えることに気づいた。それは「Tesla はハッキングされた」と報じる無数のバリエーションの見出しを誘発した。

このスレッドは 3 月から Tesla Motors Club フォーラムで始まったもので、それはセンターコンソール(192.168.0.100)、ナビゲーションスクリーン(192.168.0.101)、そしてゲートウェイデバイス(192.168.0.102)に接続される、ネットワークセグメント上の様々なタイプのトラフィックを見ることが可能である、ということを暴いた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×