悪玉は時代遅れ――最高のハッカーはグレーゾーンで法を守る~バグ報奨金プログラムが「合法的な収入」を魅力的に提案(The Register) | ScanNetSecurity
2021.01.17(日)

悪玉は時代遅れ――最高のハッカーはグレーゾーンで法を守る~バグ報奨金プログラムが「合法的な収入」を魅力的に提案(The Register)

それらのプログラムの報酬はまだ高額ではないが、それでも一部では、重大な未知の脆弱性に対し、セキュリティの組織や政府のバイヤーから非常に高額な報酬を得られる可能性があるということを、その報告書は指摘している。

国際 TheRegister
「ソフトウェアの脆弱性を合法的に販売する市場」が拡大傾向にあることが、Rand Corporation の報告書によって示された。1,337 人のハッカーやクラッカーの多くは、闇市場におけるコードやクレデンシャルの(価格変動の)不可測さに悩まされるより、むしろ合法的な販売に関心を持ちはじめている。

「この市場には経済的な釣り合いがある」と、Juniper Networks のセキュリティ製品ヴァイスプレジデント Michael Callahan は The Register に語った。「その点で、オンラインの武器商人へ(脆弱性を)売り渡すよりも、合法的な市場で販売するほうが魅力的になりつつある。これは、経済によってもたらされた現象だ」
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×