Android向けのセキュリティ対策アプリにファイアウォール機能を追加(Dr.WEB) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

Android向けのセキュリティ対策アプリにファイアウォール機能を追加(Dr.WEB)

Dr.WEBは、Android向けのセキュリティ対策アプリの新バージョン「Dr.Web 9.01.0 for Android」をリリースしたと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は4月8日、Android向けのセキュリティ対策アプリの新バージョン「Dr.Web 9.01.0 for Android」をリリースしたと発表した。新バージョンでは、新たなコンポーネントとしてファイアウォールが追加され、ユーザは望まないインターネットトラフィックをブロックすることでモバイルデバイスのセキュリティを強化することができるようになった。アップデートは自動的に行われる。

ファイアウォールの主な機能はネットワークアプリの制御。デバイス上にインストールされたアプリとシステムアプリの両方の外部ネットワークトラフィックをフィルタリングする。ユーザはWi-Fi通信のブロック、またはローミングを含むモバイルネットワーク(3G、4G、GPRS)通信のブロックを有効/無効にすることが可能。また、フィルタリングルールはIPアドレスやポートなどによるカスタマイズが可能。設定は各アプリに対して個別に行う必要がある。データ通信料が使用上限を超えた場合にトラフィックをブロックするように設定することも可能。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×